児玉 千恵子

2020 05 Apr

花を楽しむこともできないほど世の中がトーンダウンしている今だからこそ imagine ・・・

DOMINANT LIMITED C.KODAMA スプリングコートを脱いで、春の街角を颯爽と歩きたい今日この頃。・・・(「花舞小枝」の候なのに、花を楽しむこともできないほど世の中がトーンダウンしている今だからこそ imagine ・・・
 いつもはパンツ姿で、男前な女性たちが、花柄のギャザースカートで現れたら、こちらまでエレガンスな気分に・・・!
 スカートは、デザインのバリエーションが多く、はく人の個性を表現するには重宝なアイテムだ。・・・(中略)・・・
 スカートを幾つかの文献で、調べてみると、ボトムス(腰より下に着ける服)の仲間で、下半身を覆う衣服と定義づけられている。
 お馴染みの「タイト・スカート」「プリーツ・スカート」「フレア・スカート」といったデザインから、その数はおおよそ30種類に届く。また「キュロット」はパンツ型スカートで、「スカンツ」にはスカートパンツの別称もあり、スカートの分類に入れられることもある。・・・(中略)・・・
 「シャネル レングス」(ナチュラル レングス)とは、ひざ下5㎝~10㎝のスカート丈をさし、「ガブリエル・シャネル」が、一貫して発表し続けたスタイルだったことから、今日でもそのように呼ばれている。
 また、「クリスチャン・ディオール」は、「スカート丈の支配者」と言われたほど、女性の脚がもっとも美しく見える丈を見つけることに熱心だった。
 そして・・・イギリスの女優でモデル、歌手の「ツィッギー」(現在70才)が、1967年に、世界中で巻き起こした「ミニ・スカート」旋風については、ファッション業界を担う若い方々も、歴史の中で記憶に留めておきたい。・・・(以下、略)
 月刊「ファッション販売」5月号、CSと販売力の向上を目ざした 「衣服のソムリエ 育成ゼミナール ボディ&スタイリングフィッター」 書き下ろし好評連載第4回は、「スカート-編」。
DOMINANT LIMITED C.KODAMA 今号も、児玉千恵子オリジナル「スカートのソムリエ&フィッター技能力テスト」(エキスパート編)を掲載。是非チャレンジを!
 今号の主な内容は・・・
 ◇ スカート丈のエピソード
 ◇ 体形をカバーできるデザイン
 ◇ フィッティングとサイズ調整 etc.
 次号は「ワンピース-編」・・・お楽しみに!

 「衣服のソムリエ育成ゼミナール」バックナンバーは・・・
第1回「人の身体と部位名称-編」
第2回「スタイリング&上着-編」
第3回「パンツ-編」

〔PHOTO:DOMINANT LIMITED〕
Copyright(C) CHIEKO KODAMA DOMINANT LIMITED All Right Reserved.